1. ブログ
  2. ブログ
  3. こんなことやってます(番外編)

こんなことやってます(番外編)

こんにちは!しゃちょーです。
こういうお仕事やらせていただいていると、都市伝説?あるある?的なものに触れ合うこと、「ほほぅ・・・」と思うことがあります。

例えば、「暑い夏には蜘蛛の巣が多い」とか「アシナガバチが多いとその年の夏は暑くなる」とか「カマキリの卵が高いところある年の冬は雪が多い」とか・・・・

「蜂が植栽のなかに巣を作っているんですが・・・・」との連絡。
大人もですが、小さなお子さんが刺されちゃったら一大事。
お子さんの泣き顔を想像したら・・・・・管理会社の代表として心が痛い

今年も暑くなるのかなぁ・・・・・
いつもなら梅雨明けしてからアシナガバチ駆除の連絡が多いんだけど・・・・
まぁいずれにせよ対応すんぞ!

まずは在庫切れしていた蜂用の殺虫剤。

プロ仕様とかの表記がワタシの弱点。

これまで使っていたものに不満はないのですが、この「プロ仕様」の文字にやられてご購入しちゃいました。

で、現地到着。
目的物補足・・・・・・補足・・・・・見当たらないな・・・・
確かにアシナガバチは1匹飛んでいるけど、巣は見当たらない。
頂いた連絡では「去年もいたところ近辺」とのことですが、見当たらない・・・・・
連絡を頂いた方へ確認の電話。
「はいはい、南側を確認中・・・・あ、東側ですね」
と電話を切り、東側へ移動。

発見?

はっけー・・・・・・ん?

大き目の画像でご確認ください。

カマキリの卵じゃーん!
しかも時期的に去年のじゃーん!
けど、蜂巣じゃなくてよかったじゃーん!

間違いでもご連絡いただける方がありがたいです。
ご連絡ありがとうございました。
なにかお気付きの点がございましたら、お気軽にご連絡ください。
間違いなら間違いでもいいんです。
むしろ間違いの方が被害が出なくていいんです。

今回の訪問はあくまでも応急処置的な訪問でした。
本来なら、今日のようないいお天気の日中に蜂巣駆除をしても巣の中の働きバチさんたちはそれぞれの職場へ行き、巣にはあまり蜂さんはおらず、帰宅した働きバチさんによって巣は再構築されてしまって、根本の解決にはなりません。
雨天、早朝、日が暮れてからといった蜂さんたちが巣にいる時間帯や天候の時に行った方が効果的なのです。

それに去年のものと思われるカマキリの卵。
昨年~今年の冬はアパート付近での降雪はなかったかと記憶しています。
で、今回のカマキリの卵、地面付近にあるでしょ?
「雪が多いシーズンはカマキリは高いとこへ卵を産む」説の実証にもなりました。
個人的にはとってもすっきりした事案でした。
めでたしめでたし!

最新記事