考え方。

こんにちは!しゃちょーです。
新型コロナウイルスワクチン接種から1週間経ちました。
副反応も治まり、2回目の接種はもっと体調を整えて臨もうかと思っております。

ここ1週間、ワタシが実感したことをちょっと書き留めておこうかと思います。

接種したことによって、今まで行っていた対策は「守備」だったことに気付きました。

「マスク着用」「3密の回避」「イベントの中止」「不要不急のが委縮の自粛」等々・・・・・
これってコロナウイルスを撒き散らさない、体内に入れないといういうなれば守備的な予防法だった気がします。
もちろん、これも大事。
今までも、これからもすごく大事。

一方、「ワクチン接種」は感染しても重症化する確率を下げる。
これはコロナウイルスのワクチン接種という能動的な行動によって免疫を勝ち取るという「攻め」の手法のように思います。

「副反応」も然り。
ワクチンを体内に入れることによって勝ち取る免疫を作るために起こる反応なので病気ではないんです。
発熱の先に免疫獲得という結果が紐づいているのが先に明るい希望のようなものを感じました。

ワタシの考えでは「出口の見えない我慢は意外と続かない」んじゃないかなと思っています。
ワクチン接種、副反応の末に免疫(集団免疫)獲得というゴールが見えてきたような気がします。

前の記事にも書きましたが、better>best。
もちろん、副反応なんてないに越したことないし、ワクチンなんて接種しなくていいのがよりいい。
けど、コロナは実現します。
コロナが無ければbest。
けど新型コロナウイルスってのがあるのは事実。

この紛れもない事実を打破する方法としてのなんだか前向きな気がしてきたのは事実です。
この1週間で少し考え方が変わりました。

最新記事